将棋 タイトル戦! > 将棋 > 考え方が論理的に身に付く詰将棋。

将棋

考え方が論理的に身に付く詰将棋。




   考え方が論理的に身に付く詰将棋。



     囲碁・将棋のプロ棋士の中には、

     いろんな天才棋士がいる。



     特に記憶術やそろばんでは名人級が

     多いし、数学の得意な棋士も多い。

     

     特に詰将棋においては、

     頭の中で考えるんだが、長いものでは

     600手を超える詰将棋もある。



     詰将棋を考える自体に論理的思考が

     自然と身についていくようだ。



     理数系に進む子供さんには、

     将棋よりも詰将棋を解く時間を

     もうけるほうが、頭の回転がはやくなる。




     初級・中級・上級・有段者・難解物とあって

     面白さがわかるとのめり込んじゃうよ。



     名人戦の棋譜なんかも理解出来たら

     たのしいよ。



。 

<<2011年06月07日のつぶやき | 将棋 タイトル戦!トップへ | 渡辺明王将 対 羽生善治三冠の第63期王将戦!>>


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。